November 23, 2018 / 12:21 PM / 20 days ago

東南アジア株式・引け=フィリピンとタイ市場が高い、その他は低調

[23日 ロイター] - 東南アジア株式市場は、マニラ、バンコク市場が上伸した一方で、その他市場は低調だった。来週行われる米中首脳会談を前に、米中貿易をめぐる懸念から、投資家の間では引き続き警戒感が強い。

ミラエ・アセット・セキュリタスの調査部門責任者でストラテジストのタイエ・シム氏は、投資家は現在、新興国市場に焦点を移しつつあると述べた。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.99%高。不動産株と金融株が高かった。週間では3.6%高。

バンコク市場のSET指数は1.1%高。週間では0.8%安。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.4%高。

ジャカルタ市場の総合株価指数は0.3%高。週間では0.1%安。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.02%高。ホーチミン市場のVN指数は0.70%安。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below