October 31, 2018 / 10:55 AM / 14 days ago

東南アジア株式・引け=上昇、米株高で

[31日 ロイター] - 東南アジア株式市場は米株高を受けて上昇した。ただ、10月は月間ベースで大きく値下がりしており、シンガポール株は16年1月以来の大幅下落となった。

シンガポール株は1.8%高。ただ、月間ベースでは7.3%安となった。

ホーチミン株は2.9%高。10営業日ぶりの上昇となった。

銀行株が上げを主導。ベトナム投資開発銀行(BIDV)は6.9%高。時価総額ではベトナムの銀行で第2位となるBIDVは、韓国のKEBハナ銀行に株式15%を売却する方針を明らかにした。

クアラルンプール株は1.4%高。今週発表される2019年予算案で歳出抑制措置が導入されることへの期待から、地合いは安定している。

マニラ株は反発し、1.8%高。工業株と不動産株が幅広く上昇し、相場を支えた。

バンコク株はエネルギー株高を受け1.6%高。石油大手PTTが約1週間ぶり高値で引けた。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below