July 3, 2017 / 11:22 AM / 7 months ago

東南アジア株式・引け=中国PMI好感し概ね上昇、ジャカルタ最高値

[3日 ロイター] - 東南アジア株式市場はおおむね上昇。連休明けのジャカルタ市場は過去最高値で引けた。中国の製造業PMI(購買担当者景況指数)が予想を上回り、堅実な成長が裏付けられたことが背景。6月の中国製造業PMIは3カ月ぶりの高水準だった。

ジャカルタ市場は1.38%高で終了。通信株、金融株が上げを主導。テレコミュニカシ・インドネシアは6%上伸し、最高値で引けた。

バンコク市場は0.30%高で引けた。全セクターが上昇した。

マニラ市場は0.30%高で取引を終えた。不動産株、金融株が値を上げた。不動産デベロッパーのアヤラ・ランドが1.6%高、フィリピン諸島銀行は0.6%高。

クアラルンプール市場は0.28%上昇した。消費財株、素材株が上伸した。

ホーチミン市場は0.31%高と4営業日続伸。 シンガポール市場は0.09%安で引けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below