Reuters logo
東南アジア株式・引け=堅調、米株高を好感
2017年10月6日 / 11:35 / 13日前

東南アジア株式・引け=堅調、米株高を好感

[6日 ロイター] - 東南アジア株式市場は堅調。前日の米国株が最高値を更新したことが引き続き好感された。

12月の米追加利上げの判断材料になる米雇用統計の発表に関心が集まる中、幅広い銘柄が買われた。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.90%高で、約1カ月半ぶりの高値で取引を終えた。前週末に比べ2.2%高だった。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.20%高で工業株がけん引。前週末に比べ1.7%高。

ジャカルタ市場の総合株価指数は0.06%高で、素材株とエネルギー株が買われた。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは通信株、工業株に支えられて0.28%高。

バンコク市場のSET指数は0.30%高。一時、0.6%高となったが、上げ幅を縮めた。前週末に比べ1.4%高。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below