May 20, 2019 / 11:45 AM / a month ago

東南アジア株式・引け=大半が上昇、ジャカルタは5日ぶり反発

[20日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が上昇。オーストラリアとインドの総選挙で与党が勝利したことが好感された。

ジャカルタ市場の総合株価指数は、安値拾いの買いが入り、1.4%高で終了。先週末までの5営業日で6%超下落していた。金融株が上昇を主導。バンク・セントラル・アジアが3.9%、テレコムニカシ・インドネシアが2.6%、アストラ・インターナショナルが3%、それぞれ上昇した。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは1%高となり続伸。

ホーチミン市場のVN指数は1.1%高。

トランプ米大統領は米国が中国製品に追加関税を課すことで、企業は生産拠点を中国からベトナムや他のアジア諸国へ移すだろうと述べた。

シンガポール、バンコク、クアラルンプールの各市場は休場。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below