January 3, 2018 / 1:12 PM / 19 days ago

東南アジア株式・引け=大半が上昇、タイは史上最高値

[3日 ロイター] - 東南アジア株式市場は、東南アジア株式市場は大半が上昇。

良好な世界経済見通しを受け、アジア市場は全般に買われ、マニラとバンコク市場は終値ベースで史上最高値を付けた。  マニラ市場の主要株価指数PSEiは1.94%高。  SMインベストメンツは最高値。複合企業JGサミット・ホールディングスも昨年11月14日以来の高値。  バンコク市場のSET指数は1.42%高で、エネルギーと工業株がけん引した。  シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.99%高で引けた。  クアラルンプール市場は0.57%高。前営業日の下落から反転した。  ジャカルタ市場の総合株価指数は1.38%安。消費必需品株と通信株が下げを主導した。  ホーチミン市場のVN指数は0.99%高。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below