April 23, 2020 / 11:07 AM / a month ago

東南アジア株式・引け=大半が上昇、米株高や原油反発受け

[23日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が上昇して引けた。追加支援策への期待感を背景に米国で株価が上昇したことや原油価格の反発を受け、リスク選好意欲が改善した。

バンコク市場のSET指数が域内で最も上昇し、0.85%高。エネルギー株が高かった。

ホーチミン市場のVN指数は0.65%高。エネルギー株が相場を押し上げペトロベトナム・ガスは2.5%高。

ジャカルタ市場の総合株価指数は0.57%高。消費関連株が支援した。ユニリーバ・インドネシアは5.6%高となり、先月13日以来の高値を付けた。インドフードは1.3%高。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.46%高。

一方、シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.30%安。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIはほぼ変わらずの1381.64で引けた。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below