May 23, 2019 / 11:05 AM / a month ago

東南アジア株式・引け=大半が下落、米中摩擦の激化を懸念

[23日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が下落した。ハイテク分野をめぐる米中対立が、両国の貿易摩擦を悪化させるとの警戒感が広がった。

ロイターは22日、米政権が中国監視カメラ大手の杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)に対し、通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に科したような制裁措置を適用することを検討していると報じた。

バンコク市場が域内の下げを主導し、SET指数は1.1%安。エネルギー株や素材株の下落が重しとなった。

ジャカルタ市場の総合株価指数は1.6%高。インドネシア大統領選の結果に対する抗議デモが落ち着いたことで、市場に安心感が広がった。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below