March 6, 2020 / 11:01 AM / a month ago

東南アジア株式・引け=大幅安、経済減速を警戒

[6日 ロイター] - 東南アジア株式市場は、大幅安で終了。新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済の減速が警戒された。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は1.74%安の2965.73。景気後退不安の高まりに押され、2018年10月以来の安値で引けた。東南アジア最大手銀行のDBSグループ・ホールディングスは2%超下げ、約1年ぶり安値。INGのアナリストは、今年の同国の経済成長率見通しを従来の1%から0.3%に引き下げた。

バンコク市場のSET指数は1.67%安の1367.57。主力銘柄のサイアム商業銀行は10年7月以来の安値に沈んだ。この日タイ政府関係者は、観光業に依存している同国の1─3月期の経済成長が、感染による悪影響で「思わしくない」との見方を示した。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは1.66%安の6770.38、ジャカルタ市場の総合株価指数は2.48%安の5498.54。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.53%安の1483.1、ホーチミン市場のVN指数は0.21%安の891.44。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below