for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・引け=小幅高、米経済対策通過を楽観

[2日 ロイター] - 東南アジア株式市場は軒並み小幅に上昇して引けた。米国の新型コロナウイルス経済対策法案の議会通過をめぐり楽観的な見方が広がる中、景気回復が強まる兆しが相場を支えた。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.68%高の6919.54で終了。

ジャカルタ市場の総合株価指数は0.33%高の6359.205で取引を終えた。

前日に手袋製造銘柄の下げが響き下落していたクアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.17%高の1569.87で引けた。 シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.03%高の2973.87、バンコク市場のSET指数は0.16%高の1503.36だった。 (アジア株式市場サマリー)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up