January 7, 2020 / 10:57 AM / 19 days ago

東南アジア株式・引け=軒並み上昇、中東情勢懸念が後退

[7日 ロイター] - 東南アジア株式市場は、タイ主導で軒並み上昇。米国、イラン間の情勢で新たな緊迫化が見られないことから市場では安心感が広がり、相場を下支えした。

バンコク市場のSET指数は1.07%高の1585.23。金融部門や工業部門に買いが集まった。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は、0.9%高の3247.86。東南アジア域内で最大の金融機関であるDBSグループ・ホールディングスなど金融株が上昇に寄与した。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.83%高の1611.04。金融機関や通信会社の上げが目立った。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.55%高の7840.7。

ジャカルタ市場の総合株価指数は、0.35%高の6279.346。

ホーチミン市場のVN指数は0.32%高の958.88。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below