July 3, 2020 / 12:41 PM / a month ago

東南アジア株式・引け=軒並み上昇、米中経済統計を好感

[3日 ロイター] - 東南アジア株式市場は、軒並み上昇して引けた。6月の米雇用統計で就業者数が過去最大の伸びを示したほか、消費者の需要回復を受け6月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)が10年ぶりの高水準になった。

来週の焦点は、マレーシア中央銀行の金融政策会合。ロイター通信調べによると、中銀は金利を過去最低水準に引き下げる方針。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による景気低迷の底入れを図る。クアラルンプールの総合株価指数KLCIは1.07%高の1552.65で引けた。

ジャカルタ市場の総合株価指数は0.14%高の4973.774、マニラ市場の主要株式指数PSEiの終値は0.13%高の6372.66、シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.62%高の2652.94だった。バンコクのSET指数は0.14%安の1372.27で終了した。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below