June 25, 2020 / 11:09 AM / 11 days ago

東南アジア株式・引け=軒並み下落、世界的な新型コロナ感染者増を懸念

[25日 ロイター] - 東南アジア株式市場は軒並み下落。新型コロナウイルス感染者増加や貿易摩擦をめぐる懸念が投資家心理を押し下げた。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは、前日比1.14%安の6118.26で引けた。フィリピン中央銀行は今年4度目となる利下げを決定した。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は1.46%安の2590.15、クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.89%安の1489.20。

投資資金がドルや他の伝統的な安全資産に流れた。貿易摩擦に加え、インド、インドネシア、米国、欧州の一部地域での新型コロナ感染者の増加を受け、早期の世界経済回復に対する期待感が後退した。

ジャカルタ市場の総合株価指数は1.37%安の4896.73。バンコク市場のSET指数は0.57%安の1325.88で終了した。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below