October 2, 2019 / 11:03 AM / in 18 days

東南アジア株式・引け=軒並み下落、低調な米経済指標で

[2日 ロイター] - 東南アジア株式市場は世界的な株安につれて軒並み下落した。米供給管理協会(ISM)が公表した9月の製造業景気指数が10年超ぶりの低水準となったことで、世界経済減速への不安感が広がり、米中貿易戦争の影響に対する懸念が再燃した。

マニラ市場の主要株価指数PSEiの終値は1.67%安。不動産・金融株安が重しとなり、約4カ月半ぶりの安値で引けた。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)も下落。金融株が安かった。

ジャカルタ市場の総合株価指数は、金融・素材株が下げを主導し1.35%安。

バンコク市場のSET指数も金融・工業株安に下押され下落。

ホーチミン市場のVN指数は0.84%安。不動産・金融株が指数を押し下げた。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.91%下落。金融・消費者株が安かった。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below