November 14, 2019 / 11:02 AM / a month ago

東南アジア株式・引け=軒並み続落、中国景気減速悪化で

[14日 ロイター] - 14日の東南アジア株式市場の株価は軒並み続落した。下げ幅はジャカルタ市場が最大。東南アジア諸国にとって最大の貿易相手国である中国の低調な経済指標が嫌気された。

ジャカルタ市場の総合株価指数は0.71%安の6098.95と、1カ月超ぶりの安値で終了した。通信株や金融株の下落が響いた。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は工業株安を受けて0.23%安の3231.85で引けた。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.17%安の7933.71。ファストフード大手ジョリビー・フーズが5%下落し、指数を押し下げた。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.23%安の1593.55。

バンコク市場のSET指数は0.35%安の1609.47、ホーチミン市場のVN指数は0.05%安の1012.30で引けた。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below