March 23, 2017 / 11:33 AM / 10 months ago

東南アジア株式=上昇、米国・アジア市場に追随

[23日 ロイター] - 東南アジア市場の株価は、他アジア諸国や米国株に追随、大半が上昇した。

投資家は、米下院共和党の医療保険制度改革法(オバマケア)見直し案の行方を注視している。オバマケアの撤廃・代替は、トランプ米大統領が減税やインフラ拡充など選挙中の公約を実現する上での力を試す最初の主要課題。

マニラのABキャピタル・セキュリティーズの株式アナリスト、ビクター・フェリクス氏は「アジアで材料となるニュースがそれほどなかったため、市場は米株から手掛かりを得ている」と語った。

ジャカルタ市場の総合指数は0.54%上げ、最高値で終了。金融株が主導した。インドネシア中銀副総裁は3月のインフレ率が前月比で0.2%を下回るもようだと語った。

ホーチミン市場のVN指数は0.9%高。生活必需品や金融株が主導した。

マニラ市場のPSEiは0.6%高。工業株が上伸分の半分超を占めた。フィリピン中銀はこの日、予想通り、主要政策金利を3.0%に据え置いた。今年、そして来年はインフレが目標レンジ内にとどまるとした。

シンガポールのストレーツ・タイムズ指数(STI)は小幅高。この日発表された2月の消費者物価指数は2年超ぶりの高い上昇となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below