April 28, 2017 / 11:44 AM / 3 years ago

東南アジア株式=小動き、シンガポール市場は4カ月連続の上昇

[28日 ロイター] - 週末28日の東南アジア株式市場の株価は、総じて小動きだった。月間ベースではシンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI) が4カ月連続の上昇、ジャカルタ市場の総合株価指数 は3カ月連続の値上がりとなった。

シンガポール市場のSTIは、失業率の上昇を示す統計にもかかわらず、前日終値比0.13%高の3175.44で終了。金融株が値上がりした。DBSグループ は0.7%高、ユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB) は1.5%高。

シンガポール人材開発省(MOM)が28日発表した第1四半期の雇用統計(速報値)によると、全体の失業率は2.3%に小幅上昇。2009年第4四半期以来の高い水準となった。

インドネシア市場の総合株価指数 は0.38%安の5685.298で引けた。ペルサハーン・ガス・ネガラは1.6%安。アダロ・エナジー は3.5%安。

クアラルンプール市場の総合株価指数 は0.01%高の1768.06で終了。月間では1.6%高と、5カ月連続の上昇となった。

ホーチミン市場のVN指数 は0.17%高の717.73で引けた。ただ、月間では0.6%下落した。3月までは2カ月連続で上昇していた。

バンコク市場のSET指数 は0.03%安の1566.32で終わった。月間では0.7%の下落。サイアム・セメント と国営タイ空港会社 はこの日、1%超値下がりした。 マニラ市場は休場だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below