August 8, 2018 / 3:06 AM / 4 months ago

東芝の4─6月期純利益は20倍の1兆円超、メモリ事業売却で

[東京 8日 ロイター] - 東芝が8日発表した2018年4─6月期連結決算(米国会計基準)は純利益が前年比20.2倍の1兆0167億円となった。メモリー事業の売却が利益を押し上げ、四半期として過去最高を更新した。

メモリー事業の売却益は9655億円だった。

売上高は前年比7.3%減の8422億円だった。ランディス・ギアの連結除外や火力・水力事業の減収が響いた。

営業利益は前年比94.5%減の7億円だった。火力・水力事業の赤字転落に加え、半導体やハードディスクドライブ(HDD)などの悪化が足を引っ張った。

通期予想は据え置いた。営業利益は前年比9.3%増の700億円、最終利益は同33.1%増の1兆0700億円を見込んでいる。

同社は現在、5カ年の経営計画「東芝Nextプラン」を策定中で、11月中に公表を予定している。 (志田義寧)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below