March 27, 2019 / 7:54 AM / 25 days ago

東証、市場区分変更で論点整理 「明確なコンセプトで再編」

[東京 27日 ロイター] - 東京証券取引所は27日、市場構造の改革に向けた論点整理を公表した。東証1部、2部、マザーズ、ジャスダックと4つに分かれた現在の市場区分はコンセプトがあいまいだと指摘。成長性や投資家層といった上場銘柄の特性に応じ、複数の市場区分を新設し、明確なコンセプトのもとで制度を作り直すのが適当だとした。

東証は、市場の再編により、幅広い企業に上場機会を提供するとともに上場企業の持続的な価値向上を促すことを狙う。

新たな市場区分への移行に当たっては、企業や投資家への影響の観点から、数年単位の移行期間や段階的な基準変更など十分な移行プロセスを確保すべきだとした。

論点整理は、昨年12月から今年1月にかけて市場関係者から寄せられた意見をもとに取りまとめられた。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。 (和田崇彦)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below