March 9, 2020 / 3:41 AM / 3 months ago

株式こうみる:原油価格急落でオイルマネーの流れに注目=三菱UFJMS 荒井氏

[東京 9日 ロイター] - <三菱UFJモルガン・スタンレー証券 シニア投資ストラテジスト 荒井誠治氏>

新型コロナウイルスの流行による世界的な経済危機が警戒されている中、原油価格が暴落し、きょうは資源株を中心に全面安となっている

原油価格の下落は産油国の財政に影響を与える。この穴埋めに取り得る手段として考えられるのが、保有株式の売却だ。サウジアラビアのような産油国は、政府系ファンドを通じて「オイルマネー」を日本株に投じてきた。原油価格の下落に伴い、今後そのオイルマネーを引き戻す動きに出るとなると、日本株は大きな打撃を受ける。

資源株以外で注目したいのは、金融セクターの値下がりだ。米連邦準備理事会(FRB)は先週緊急利下げをしたものの、来週に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えていることから、市場では更なる利下げへの期待が高まっている。米国が仮に利下げに踏み切ると、日銀も何かしらの動きに出ざるを得なくなる。2015年の「チャイナショック」後の株価の乱高下と世界経済の不透明感は、結果的に日銀のマイナス金利の深堀りの決断を促した。金融セクターの値下がりは、投資家の利下げの先読みを示唆しているのではないか。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below