March 9, 2020 / 1:11 AM / a month ago

株式こうみる:原油急落で想定外の下げ、しばらく不安定=大和証 壁谷氏

[東京 9日 ロイター] -

<大和証券 チーフグローバルストラテジスト 壁谷洋和氏>

週明けの東京市場で日本株は大きく下落し、日経平均株価は2万円を割り込んだ。

発端になったのは原油価格の急落と円高の進行だ。「OPECプラス」の協調減産協議の決裂に加え、サウジアラビアが原油の大幅増産計画を打ち出したことが引き金となった。株価は新型コロナウイルスの感染拡大とは別の次元から切り込んできた話によって想定外の下げ方をしている。

原油価格が下落すれば、米国のエネルギー産業にも打撃を与える。クレジットリスクも意識されやすくなり、米ハイイールド債のマーケットの崩壊からくる金融市場の混乱も警戒される。

株式は売られ過ぎの側面が強いが、いったんこうしたセンチメントが強まると、何が下値を支えるきっかけとなり得るのか見出しづらい。しばらく不安定な相場が続きそうだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below