November 8, 2019 / 1:08 AM / 14 days ago

株式こうみる:売り材料を探すのが難しい=キャピタル・パートナーズ証 倉持氏

[東京 8日 ロイター] -

<キャピタル・パートナーズ証券 チーフマーケットアナリスト 倉持宏朗氏>

米中通商協議でこれまでの制裁が段階的ながら解消される意味は大きい。今後、注目すべきことは、農産物分野や知的財産分野でネガティブな方向に動くかどうかだが、現時点では高値警戒感を振り払うだけの材料に力強さがあり、日本株は上値を追うことになりそうだ。

外為市場ではドル/円が円安に向いているほか、環境が好転する中で需給面では売りポジションが多く買い戻しが期待できるなど、売り材料を探すのが難しい。

今後、出てくる決算でよほどのネガティブ・サプライズがあるか、トランプ米大統領が以前のように合意の直前に、融和ムードを台無しにするツイートでもしない限り、強い基調が続くとみている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below