October 4, 2019 / 1:27 AM / 19 days ago

株式こうみる:弱い米指標、対中協議で歩み寄り促す可能性=東海東京調査センター 仙石氏

[東京 4日 ロイター] -

<東海東京調査センター シニアエクイティマーケットアナリスト 仙石誠氏>

9月米ISM非製造業景気指数のの結果は評価が難しいところだ。52.6と、好不況の境目となる50を上回った一方、2016年8月以来の水準に低下となった。景気減速への懸念から米連邦準備理事会(FRB)の追加利下げ確率が急速に高まり、米国株式市場の支えとなりやすい。

注目は、来週以降始まる米中通商協議への影響だ。過去に何度も苦い経験をし市場参加者には警戒感もあるが、逆に、足元の経済指標の悪さが両者に歩み寄りの姿勢を促すなど、協議進展に対する期待が高まる可能性もある。ISM製造業、非製造業はいずれも景況感を表す指標で、マインドが大きな影響を及ぼす。米中貿易交渉が進展する形になれば、改善する余地も出てきそうだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below