February 27, 2020 / 5:34 AM / 3 months ago

株式こうみる:日経平均2万2000円割れ、値幅調整は進展=アイザワ証 坂瀬氏

[東京 27日 ロイター] -

<アイザワ証券 国内情報課長 坂瀬勝義氏>

新型コロナウイルスについて欧州各地で感染者が確認され、米国でも疾病対策センター(CDC)が国内のコミュニティーでの感染拡大の可能性を警告した。欧米は「対岸の火事」との受け止めだったが、改めてリスクオフを意識する流れになっている。

米国やオーストラリアが日本への渡航警戒レベルを引き上げており、海外の運用者からみれば、これから日本で感染が拡大していく可能性が高いとみるのが自然だ。米中貿易戦争の緩和期待で買われていた半導体関連株も売られやすい。

ただ、日経平均は2月初めに付けた直近高値からすでに2000円以上下げており、値幅調整は結構進んだとみている。日本は今後1、2週間が新型ウイルス感染の拡大・終息の分け目とされ、見極めも必要だが、日経平均は2万円割れまで行かず、2万1500円から2万2000円割れのところが目先の下値になるのではないか。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below