October 29, 2019 / 1:19 AM / in 17 days

株式こうみる:株高のベースは米中対立緩和に対する期待感=みずほ証 三浦氏

[東京 29日 ロイター] -

<みずほ証券・シニアテクニカルアナリスト 三浦豊氏>

日本株上昇の大きな要因は、米中対立の緩和に対する期待感だ。このところ下方修正を発表するなど業績が悪化している銘柄が買われているのは、これは現在がボトムで、先行き回復するとの見方からだが、その根底には米中対立の緩和によって下期から収益環境が好転するとの読みがある。

さらに、今週は米連邦公開市場委員会(FOMC)と日銀金融政策決定会合を控え、米国の利下げの期待を織り込んでいるほか、もちろん、ドル/円が109円まで円安に振れたことも好感している。

ただ、期待感をベースにしているため、それが崩れた時は警戒する必要が出てくるだろう。米中交渉に関しても、報復合戦にピリオドが打たれるにしても、既存の関税が残るようなら、それが及ぼす影響に注意しなければならない。その場合は調整する可能性も出てきそうだが、FOMCまでは堅調に推移するとみている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below