October 29, 2019 / 12:44 AM / in 21 days

株式こうみる:海外勢の日本株売買で潮目の変化も=大和証 壁谷氏

[東京 29日 ロイター] -

<大和証券 チーフグローバルストラテジスト 壁谷洋和氏>

日経平均株価が一時2万3000円台を回復した。前日の米国株市場が強く、為替も円安方向に振れてきている。寄り付きは上昇してしかるべき状況が整っていた。

米中の通商協議が進展しているところが一番大きいが、米国企業の決算でとんでもなくひどいものが出てきているわけではないし、悪いものがあったとしても、ここから良くなるという回復期待がそれを打ち消してしまっている。今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げが実施されれば、その部分も追い風として加わる。全体としてリスクオフに転じる要素はなく、安心して株式を買いやすい状況だ。

日本企業の決算発表も本格化するが、ここまで悪いものが出ても、そのまま受け止めないというトレンドになっている。年度後半への回復期待が勝っているイメージだ。海外投資家の日本株売買に対するスタンスも潮目が少し変わり、買いの勢いが増している面もある。上昇相場に乗り遅れないようにしようという意識も、次第に強まってくるだろう。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below