May 8, 2019 / 2:41 AM / 16 days ago

株式こうみる:米中協議は不透明、身動きとれず=大和証 壁谷氏

[東京 8日 ロイター] -

<大和証券 チーフグローバルストラテジスト 壁谷洋和氏>

米中通商協議がどのような展開になるか見通せない中、身動きがとれない。米国株安の流れを引き継ぐ形で日経平均は寄り付きで大きく下げたが、そこから下げ幅を拡大しているわけではなく、米株先物も値動きがほとんど止まっている。米中交渉の動向を固唾を飲んで見守っている。

米国は中国の時間稼ぎにしびれを切らしており、これ以上、中国に時間の猶予を与えることは認めにくいだろう。米中首脳会談のスケジュールを詰めた上で通商協議に臨むのであれば関税引き上げの延期もあり得るだろうが、具体的な話がない中で単純に延期するという可能性は低そうだ。

中国の代表団が訪米するということは、(通商合意に向けて)ある程度の覚悟をもって臨むということかもしれない。一方、訪米を中止するということになれば、交渉の妥結の道は遠のく。その二者択一の状況だろう。

マーケットは、米国が対中関税を実際に引き上げることを完全に織り込めきれていない。半信半疑、五分五分とみているだろう。むしろ、希望的観測を含め、何とかまとまるのではないかという楽観的にとらえている向きも多い。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below