February 27, 2020 / 3:19 AM / a month ago

株式こうみる:米国の楽観ムード消え環境に厳しさ増す=キャピタル・パートナーズ証 倉持氏

[東京 27日 ロイター] -

<キャピタル・パートナーズ証券 チーフマーケットアナリスト 倉持宏朗氏>

立ち会い時間中に、米疾病対策センター(CDC)が、カリフォルニア州で感染国・地域への渡航歴がなく感染者との接触もないとされる人が、新型コロナウイルスに感染していることを確認したと伝わり、これが地合いを一段と悪化させた。

これまで主要株式市場の中で米国だけが、新型ウイルスに対して楽観的と感じさせる動きだったが、そうしたムードは完全に消え、ここから米国市場が新型ウイルスの経済に及ぼす悪影響を本格的に織り込み始めるとの不安が生じている。

そうなると、日本株も下げに歯止めが効かなくなるとの見方が広がっても不思議ではない。日本株は先行して下げているため、ある程度、先に織り込んだ可能性があるが、相場を取り巻く環境は一段と厳しさを増したといえそうだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below