Reuters logo
株式こうみる:緊張続く、グローバル企業に円高が重し=証券ジャパン 大谷氏
2017年9月4日 / 03:04 / 21日前

株式こうみる:緊張続く、グローバル企業に円高が重し=証券ジャパン 大谷氏

[東京 4日 ロイター] -   

<証券ジャパン 調査情報部長 大谷正之氏>

昨日の核実験に加え、9日に北朝鮮建国記念日、11日には米同時多発テロのメモリアルデーを控え、緊張が続くため円高基調となる見通しだ。グローバル企業や指数寄与度の高い大企業には売り圧力となるだろう。

米議会の予算と債務上限問題などのビックイベントもある。ハリケーン復興予算や債務上限問題に絡み、トランプ大統領の公約である米法人税減税がどうなるのかにも注目だ。

複合的な要因の影響を受け、日経平均は今月中に1万9000円の下値をつける可能性もある。

一方で、すでにミサイル発射・核実験が行われたため、北朝鮮リスクには出尽くし感もある。今夜行われる国連安保理緊急会合の内容や、トランプ大統領の「北朝鮮と取引国との貿易停止を検討する」という発言に対する北朝鮮の反応がよほど過激でない限り、マーケットに大きな影響はないだろう。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below