March 4, 2020 / 1:20 AM / a month ago

株式こうみる:25日平均線下方10%に到達した今は底値圏=野村証 田之上氏

[東京 4日 ロイター] -

<野村証券 シニア・インベストメント・ストラテジスト 田之上章氏>

新型コロナウイルスの影響が終息すれば、株価が底入れするのは間違いないが、それを誰にも読めないということから、ここで上値を買うのは難しい。昨日は全体の売買代金が6日連続で3兆円を超えたが1000億円を超す個別銘柄が見当たらず、外国人が計らい注文のように売り続ける中でバーゲンハンティングの感覚で個人が拾っているのが国内株式市場の現状だ。

テクニカル面では、日経平均がこれまで底入れの目安となっていた25日移動平均線から下に10%乖離した水準に届いた。PBR1倍が2万0700円前後、アベノミクス相場が始まった2012年以降の5年平均が2万0300円前後であるなど、テクニカル面だけで語れば底値圏にあると言える。

一方、米連邦準備理事会(FRB)が緊急利下げを受け、日本株もここからは国内の利下げを株価に織り込み始めることになりそうだ。マーケットが先読みしている分、ここをうまく対処しないと失望売りを誘うことになる。その意味で、今後の日銀の姿勢が注目されそうだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below