October 17, 2018 / 2:26 PM / a month ago

欧州委員、イタリア予算案はEU財政規律違反との見解=シュピーゲル

[ベルリン 17日 ロイター] - 欧州委員会のエッティンガー委員(予算・人事担当)は、イタリアの2019年予算案が欧州連合(EU)の財政規律に沿っていないとの見解を示した。独誌シュピーゲルが報じた。

シュピーゲル誌によると、エッティンガー委員は「イタリアの19年予算案はEU規律に沿ったものではないとの疑念が確認された」と述べた。

同誌によると、この見解を伝える欧州委員会のモスコビシ委員(経済・財務・税制担当)のイタリア政府宛の書簡は18日、もしくは19日に届けられる。

モスコビシ委員は18─19日にローマを訪問。欧州委は同委員の訪問中にイタリア政府と協議を行う。イタリア予算案がEU規律から大幅に逸脱していると公式に表明し、是正を求めるのは、イタリア政府との協議後になる。

イタリア内閣は15日に予算案を承認。社会福祉支出を拡大し、退職年齢を引き下げるほか、財政赤字を拡大させる内容で、EU財政規律に違反するかどうかを巡り審査が行われている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below