June 19, 2018 / 9:03 PM / 5 months ago

欧州委、中国製太陽光パネル輸入制限の延長是非を検討=関係筋

[ブリュッセル 19日 ロイター] - 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は、中国製太陽光パネルの輸入制限措置について延長の是非を検討している。延長されれば、欧州と中国との間の貿易摩擦が高まる恐れがある。

関係筋によると、欧州委はEU域内の太陽光パネルメーカー少なくとも1社から制限措置について見直すよう要請を受け、現在これについて検討している。

EUは中国からの太陽光パネルに対する反ダンピング(不当廉売)などの措置について、2017年3月に18カ月間延長することを決定。その後は同措置は期限切れを迎えるとしていた。

ただ、欧州委が見直しに着手すれば、約1年かかると見られる見直しの期間中は同措置は失効しない。欧州委は見直し実施の是非を8月に決定するとみられている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below