May 27, 2019 / 6:16 PM / 21 days ago

欧州委、6月にイタリアに財政規律違反通告 是正勧告へ=当局者

[ブリュッセル 27日 ロイター] - 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は6月5日にイタリアに対しEU財政規律違反を通告し、是正措置を勧告する見通しであることが27日、複数のユーロ圏当局者の話で明らかになった。

欧州委は昨年12月、イタリアに対する財政規律違反の是正措置を求める過剰財政赤字是正手続き(EDP)の発動勧告は見送った。ただユーロ圏当局者は「今回は行動を起こす公算が大きい」としている。

最新の統計と欧州委の予測によると、イタリアの債務の対国内総生産(GDP)比率は2017年の131.4%から18年は132.2%に上昇したと試算され、19年は133.7%、20年は135.2%に一段と上昇すると予想されている。

構造的な財政赤字の対GDP比率も15年以降は毎年上昇しており、政策が変更されない限り、19年は2.4%、20年は3.6%に達すると予想されている。

イタリア政府と欧州委は昨年12月、構造赤字の比率を18年は1.8%とし、17年の2.1%から引き下げることで合意。ただ実現せず、同比率は2.2%に上昇した。

ユーロ圏当局者は、欧州委が6月5日にイタリアの公的財政に関する見直しを実施する際にEU財政規律違反を通告し、EU財務相に対し過剰財政赤字是正手続きの開始を勧告する公算が大きいと指摘。「イタリアが主張している財政規律の緩和を欧州委は受け入れないと予想している。イタリア情勢のリスクが高過ぎることは誰もが承知している」と述べた。

別の当局者も、欧州委もEU財務相もイタリアの財政規律違反をこれ以上容認しないと指摘。18年の債務比率の上昇を中心に検証されるとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below