June 15, 2018 / 7:13 PM / 5 months ago

欧州市場サマリー(15日)

 (外為市場はNY外為市場リポートをご覧ください)
    [15日 ロイター] -    
 <為替>                     欧州終盤  アジア市場終  コード                                      
                                                  盤                               
 ユーロ/ドル                1.1615        1.1590                                              
 ドル/円                       110.57        110.49                                              
 ユーロ/円                     128.44        128.07                                              
                                                                                                  
 <株式指数>                     終値        前日比          %     前営業日終値  コード
 STOXX欧州600種         389.13         -3.91       -0.99           393.04          
 FTSEユーロファースト3    1521.08        -15.34       -1.00          1536.42          
 00種                                                                            
 DJユーロSTOXX50種    3505.02        -22.09       -0.63          3527.11             
 FTSE100種              7633.91       -131.88       -1.70          7765.79          
 クセトラDAX               13010.55        -96.55       -0.74         13107.10        
 CAC40種                  5501.88        -26.58       -0.48          5528.46         
                                                                                                  
 <金現物>                       午後                コード                                      
 値決め                        1285.25                                                            
                                                                                                  
 <金利・債券>                                                                                   
 米東部時間15時7分                                                                                
 *先物                         清算値        前日比  前営業日終  コード                          
                                                              盤                   
 3カ月物ユーロ                 100.32          0.00      100.32                           
 独連邦債2年物                 112.00          0.00      112.00                            
 独連邦債5年物                 131.68         +0.21      131.47                            
 独連邦債10年物               161.16         +0.45      160.71                            
 独連邦債30年物               172.56         -0.10      172.66                            
 *現物利回り                   現在値        前日比  前営業日終  コード                          
                                                              盤                   
 独連邦債2年物                 -0.641        +0.009      -0.650                                 
 独連邦債5年物                 -0.224        -0.022      -0.202                                 
 独連邦債10年物                0.405        -0.024       0.429                                  
 独連邦債30年物                1.170        +0.010       1.160                                  
                                                                                                  
    
    <ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。米中貿易摩擦の激化で、石油株、鉱業株の下げが目立
った。FTSE100種総合株価指数 は4週連続で下落した。
    トランプ米大統領は500億ドル相当の中国製品に追加関税を課すと発表し、中国側は報復すると表明
。貿易摩擦に敏感に反応する鉱業株は直撃を受けた。STOXX欧州600種資源株指数は3.2
7%下落した。貿易摩擦の激化で最大の鉱物資源の買い手である中国の経済成長が減速すると懸念された。
    鉱業大手のリオ・ティント、グレンコア、BHPビリトン、アングロアメリ
カは4.1-4.5%下落した。
    石油大手のBP とロイヤル・ダッチ・シェル は3.5%と3.3%それぞれ下落した
。
    その中で明るい材料は、野心的な中期目標を発表した航空機エンジンのロールスロイスが7.
6%上がったことだ。スーパー大手のテスコも2.0%上昇。好調な四半期決算が好感された。
    
    ロンドン株式市場:
    
    <欧州株式市場>  反落して取引を終えた。米国と中国の貿易摩擦が激化したことを受け、商品市況
に関連する株が大きく売られた。
    欧州中央銀行(ECB)が14日の理事会で市場の利上げの思惑を押し戻し、同日は幅広く株が買われ
た。だが、トランプ米大統領が15日、500億ドル相当の中国製品に追加関税を課すと発表し、中国側も
報復の方針を表明。これを受け、株価が押し下げられた。
    UBSウエルス・マネジメントのジェフリー・ユー氏は「今日の米国の発表を全面的な貿易戦争に突入
したとして過剰反応すべきではない」と述べた。
    STOXX欧州600種は前日比で0.99%下落した。ただ、週間で見ると過去5週間では
最もパフォーマンスが良かった。ECBがハト派的姿勢を示したのを好感した。前週までの3週間はイタリ
アの政局混乱が欧州の経済成長を鈍化させかねないと懸念されていた。  
    資源株指数は3.27%下落し、1日の下落率としては2016年11月以来の大きさとなっ
た。銀行株指数も1.90%下げた。
    個別株ではロールス・ロイスが7.6%上昇した。野心的な中期目標が買い材料となった。航空
機メーカーのエアバスは0.9%安。貿易摩擦が下げ要因となった。    
    
    欧州株式市場:
    
    <ユーロ圏債券> イタリア国債利回りが低下し、週間では約6年ぶりの大幅な下げとなる勢い。欧州
中央銀行(ECB)が前日、2019年夏にかけて利上げを実施しない方針を示したことや、イタリアの大
衆迎合主義(ポピュリズム)政権内のユーロを巡る前向きな発言が材料となった。
    DZ銀のストラテジストは「中銀がこれほど長期にわたり一定の金利動向にコミットすることはまれで
、イタリアなど周辺国国債の買いを後押しした」と述べた。
    ECB理事会メンバーのノボトニー・オーストリア中銀総裁は、ユーロ圏のインフレ率について、既に
ECBが目標としている2%に近いがこれをやや下回る水準にあるとの認識を示し、政策の正常化を「技術
的に可能な限り」早急に行うべきだと主張したが、相場への影響は限定的だった。
    イタリア10年債利回りは15ベーシスポイント(bp)低下し2.60%。週間の下
げは約52bpと、2012年9月以降で最大となる勢い。2年債利回りの下げは週間で10
0bpと12年3月以降で最大の勢い。
    イタリアのサボーナ欧州担当相は今週12日、ユーロを完全に支持しており、イタリアをユーロ離脱に
導く考えはないと強調。ユーロに肯定的な側面はあるかとの質問に対しては「なくてはならないものだ」と
答えた。ただ、統治制度の改革を通じて「完成させる」必要があるとの見方も示した。
    イタリア10年債利回りとドイツ10年債利回りの格差は約218bpと過去2週間で最低。ただ4月
に付けた111bpからは2倍の水準に拡大している。
    他の域内国債利回りは4─11bp低下。経済指標では、5月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)改
定値の伸びが前年比1.9%と速報値から変わらず、前月の1.3%から伸びが加速した。    
    
    ユーロ圏金融・債券市場: 

    
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below