November 2, 2018 / 6:54 PM / 16 days ago

欧州市場サマリー(2日)

 (外為市場はNY外為市場リポートをご覧ください)
    [2日 ロイター] -    
 <為替>                     欧州終盤  アジア市場終  コード                                      
                                                  盤                               
 ユーロ/ドル                1.1384        1.1435                                              
 ドル/円                       113.11        112.95                                              
 ユーロ/円                     128.80        129.19                                              
                                                                                                  
 <株式指数>                     終値        前日比          %     前営業日終値  コード
 STOXX欧州600種         364.08         +1.00       +0.28           363.08          
 FTSEユーロファースト3    1429.62         +2.65       +0.19          1426.97          
 00種                                                                            
 DJユーロSTOXX50種    3214.41        +10.20       +0.32          3204.21             
 FTSE100種              7094.12        -20.54       -0.29          7114.66          
 クセトラDAX               11518.99        +50.45       +0.44         11468.54          
 CAC40種                  5102.13        +16.35       +0.32          5085.78         
                                                                                                  
 <金現物>                       午後                コード                                      
 値決め                        1231.15                                                            
                                                                                                  
 <金利・債券>                                                                                   
 米東部時間14時35分                                                                               
 *先物                         清算値        前日比  前営業日終  コード                          
                                                              盤                   
 3カ月物ユーロ                 100.32          0.00      100.32                           
 独連邦債2年物                 111.97          0.00      111.97                            
 独連邦債5年物                 131.31         -0.07      131.38                            
 独連邦債10年物               159.63         -0.35      159.98                            
 独連邦債30年物               175.14         -0.88      176.02                            
 *現物利回り                   現在値        前日比  前営業日終  コード                          
                                                              盤                   
 独連邦債2年物                 -0.616        +0.001      -0.617                                 
 独連邦債5年物                 -0.171        +0.010      -0.181                                 
 独連邦債10年物                0.428        +0.022       0.406                                  
 独連邦債30年物                1.068        +0.023       1.045                                  
                                                                                                  
        
    <ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。10月の株安局面で景気循環株に比
べ持ちこたえたディフェンシブ銘柄が売られ、全体水準を押し下げた。
    IGの首席市場アナリスト、クリス・ビューシャン氏は「ここ1週間の株高を踏まえ
ると、投資家らは週末を控えエクスポージャーを減らす材料を模索していた。そして実際
減らした」と話す。
    たばこのインペリアル・ブランズとブリティッシュ・アメリカン・タバコ(
BAT)、製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は2.7%と2.2%
、2.1%それぞれ下落した。
    こうした中、トランプ米大統領が、今月末にアルゼンチンで開催される20カ国・地
域(G20)首脳会議に合わせて開く予定の米中首脳会談で、貿易協議の合意に至りたい
意向を示したとの報道が好材料となった。
    急増する中国の中産階級が支出を控えるとの懸念から株価が低迷していた高級ブラン
ド、バーバリーは2.6%上昇した。米中貿易摩擦によるアジア圏における事業
への悪影響について週初めに警告したスタンダード・チャータード銀行(スタンチャート
)は4.0%上昇した。JPモルガン・チャイニーズ・インベストメント・トラ
ストは8.7%高だった。
    
    ロンドン株式市場:
    
    <欧州株式市場> 続伸して取引を終えた。11月末にアルゼンチンで開かれる20
カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて行われる米中会談で、貿易摩擦の解消で合意に
至る可能性をトランプ米大統領が示唆し、市場心理が好転した。
    STOXX欧州600種指数は週間ベースで3.33%上昇し、2016年
12月以来の大幅な伸びとなった。
    UBSの投資部門のアナリストは「貿易摩擦によって中国と米国双方の相場において
市場心理が悪化していた。少しでも進展があった兆しがあるだけでも、相場を押し上げる
のは当然だ」とした。
    貿易摩擦の打撃が最も大きいとみなされていた自動車・部品株指数は1.6
0%上昇した。
    同じく貿易摩擦に左右される高級ブランド銘柄も値を上げた。傘下にイタリアのグッ
チを持つフランスの高級ブランドグループ、ケリングは5.5%高だった。ゴ
ールドマン・サックスによる投資判断の引き上げが好感された。フランスのLVMH(モ
エ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)は3.4%、イタリアのモンクレール<MONC.M
I>は5.2%それぞれ上昇した。
    この日は序盤に株価が大幅に上がった後、米国株式相場が下落したことで、終盤にか
けて上昇幅を圧縮した。この日発表された10月の米雇用統計は賃金が底堅く伸び、労働
市場の引き締まりを示した。米連邦準備理事会(FRB)が12月に再利上げするとの見
方が高まり、株価が下がった。
            
     欧州株式市場:
    
    <ユーロ圏債券> 国債利回りがおおむね上昇した。貿易戦争不安が和らいだほか、
米雇用統計が底堅い内容と受け止められた。
    トランプ米大統領が対中貿易戦争の解決に向けた方策を講じると伝わり、リスク資産
需要が強まった。米雇用が堅調な伸びを示し、利上げの可能性も意識された。
    10年物の米独国債利回りは約1週間ぶりの高水準を記録
、それぞれ4ベーシスポイント(bp)、6bp上げた。
    ドイツ10年債利回りは0.438%。週間の上げが8bpと1カ月ぶりの大きさと
なる勢いだ。
    高格付けの他の域内国債利回りは大半が2─4bp上昇した
。
    リスク選好が改善してイタリア資産需要が高まり、債券利回りは償還年限にかかわら
ず最大9bp低下した。    
    イタリア2年債利回りは1.11%と、1カ月ぶり低水準を付けたIT10Y
T=RR。
    10年物のイタリア・ドイツ国債利回り格差は、今週の縮小幅が16bp程度と約2
カ月ぶりの大きさを記録した。
    
    ユーロ圏金融・債券市場: 

    
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below