November 27, 2018 / 7:53 PM / 22 days ago

欧州市場サマリー(27日)

 (外為市場はNY外為市場リポートをご覧ください)
    [27日 ロイター] -    
 <為替>                     欧州終盤  アジア市場終  コード                                      
                                                  盤                               
 ユーロ/ドル                1.1280        1.1310                                              
 ドル/円                       113.84        113.57                                              
 ユーロ/円                     128.40        128.47                                              
                                                                                                  
 <株式指数>                     終値        前日比          %     前営業日終値  コード
 STOXX欧州600種         357.40         -0.93       -0.26           358.33          
 FTSEユーロファースト3    1407.99         -3.10       -0.22          1411.09          
 00種                                                                            
 DJユーロSTOXX50種    3166.42         -6.29       -0.20          3172.71             
 FTSE100種              7016.85        -19.15       -0.27          7036.00          
 クセトラDAX               11309.11        -45.61       -0.40         11354.72          
 CAC40種                  4983.15        -11.83       -0.24          4994.98         
                                                                                                  
 <金現物>                       午後                コード                                      
 値決め                         1221.2                                                            
                                                                                                  
 <金利・債券>                                                                                   
 米東部時間14時32分                                                                               
 *先物                         清算値        前日比  前営業日終  コード                          
                                                              盤                   
 3カ月物ユーロ                 100.31          0.00      100.31                           
 独連邦債2年物                 111.98         +0.03      111.95                            
 独連邦債5年物                 131.76         +0.11      131.65                            
 独連邦債10年物               161.02         +0.28      160.74                            
 独連邦債30年物               177.32         +0.20      177.12                            
 *現物利回り                   現在値        前日比  前営業日終  コード                          
                                                              盤                   
 独連邦債2年物                 -0.610        -0.006      -0.604                                 
 独連邦債5年物                 -0.236        -0.014      -0.222                                 
 独連邦債10年物                0.349        -0.015       0.364                                  
 独連邦債30年物                1.018        -0.001       1.019                                  
                                                                                                  
    
    <ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。貿易摩擦への懸念を背景に金属が値
下がりし、鉱業銘柄を押し下げた。
    米トランプ大統領は米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)のインタビュー
で中国製品への輸入関税を引き上げる方針を明らかにした。また中国からのiPhone
も輸入関税対象に含める姿勢を示した。
    FTSE350種鉱業株指数は1.78%低下。9月17日以来の安値
をつけた。
    英旅行大手トーマス・クックは22.6%急落した。一時は約31%安とな
る局面もあった。2018年の配当を停止したほか、ここ2カ月間で2度目となる利益見
通しの引き下げが嫌気された。異例な猛暑によって海外に旅行する人が減ったという。競
合のTUIグループは2.5%の連れ安となった。
    一方、飲料ボトラー大手コカコーラ・ヘレニックは4.6%上昇し、FTS
E100種で最も好調だった。UBSが投資判断を「売り」から「買い」へ2段階引き上
げたことが好感された。UBSは最近の株価下落を受け、値ごろ感があるとの見方を示し
た。
    中型株ではベーカリーチェーンのグレッグスが11.0%急上昇した。取引
時間中は約16%高と過去最高値をつける局面もあった。10月と11月の売り上げが力
強かったほか、18年の利益が増えるとの見通しが好感された。
    
    ロンドン株式市場:
    
    <欧州株式市場> 反落して取引を終えた。トランプ米大統領が中国に対する輸入関
税を引き上げる方針を示したほか、米国が自動車へ新たな輸入関税を課す可能性に言及す
る報道を受け、貿易摩擦に対する懸念が再び高まった。
    米国のトランプ大統領は、2000億ドルに相当する中国製品への輸入関税について
、現在の10%から25%に引き上げる方針を明らかにした。また、関税の対象を全輸入
品に広げることも辞さない姿勢を再度示した。
    ドイツ誌がこの日、米商務省の調査報告が大統領に提出されたとし、トランプ氏が2
0カ国・地域(G20)首脳会議後、輸入車への関税を判断する可能性があると報じたこ
とから、自動車株が軒並み売られた。STOXX欧州600種自動車・部品株指数<.SXAP
>は2.52%低下。自動車銘柄が多いドイツのクセトラDAX指数は0.40
%のマイナスだった。
    旅行・娯楽関連株指数の0.91%低下した。旅行大手トーマス・クック<TC
G.L>が22.6%急落し6年ぶりの安値となった。ここ2カ月で2度目となる利益見通し
の引き下げや配当停止が不安視された。夏季の猛暑で旅行需要が低迷した。
    
    欧州株式市場:
    
    <ユーロ圏債券> イタリア政府が予算案を巡る協議で融和的なスタンスを取るとの
期待から市場心理が総じて改善する中、イタリア国債利回りの低下が他の南欧諸国の国債
にも波及し、スペインとポルトガルの10年債利回りが約2カ月ぶりの水準に低下した。
    
    イタリア政府は前日、コスト分析の結果が明らかになるまで2019年予算案の主要
目標を据え置く方針を表明。ただ、欧州委員会が要求している財政赤字の目標の引き下げ
に最終的に応じる可能性があることに含みを残した。
    イタリア国債利回りは前日の取引で大きく低下。この日は短期債利回りは前日からお
おむね横ばいとなっているものの、30年債利回りは一時5ベーシスポイン
ト(bp)低下の3.87%と、約1カ月ぶりの低水準を付けた。    
    利回り低下はスペインとポルトガルにも波及。スペイン10年債利回り
は5bp低下の1.524%、ポルトガル10年債利回りは4bp低下の1
.851%と、ともに約2カ月ぶりの低水準を付けた。
    米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が前日、トランプ米大統領が20
00億ドル相当の中国製品に対する関税を10%から25%に引き上げるとの見通しを示
したと報じたことで、安全資産に対する需要が増大。独10年債利回りは一
時3bp低下の0.33%と、9月上旬以来の低水準を付けたほか、仏10年債FR10YT=
RRとオランダ10年債利回りも一時2─3bp低下し、同様に9月上旬以来
の低水準を付けた。
    
    ユーロ圏金融・債券市場: 

    
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below