May 30, 2018 / 6:12 PM / 21 days ago

欧州市場サマリー(30日)

 (外為市場はNY外為市場リポートをご覧ください)
    [30日 ロイター] - 
 <為替>                  欧州終  アジア市場  コード                                
                               盤        終盤                           
 ユーロ/ドル           1.1664      1.1602                                        
 ドル/円                  109.06      108.70                                        
                                                                        
 ユーロ/円                127.20      126.14                                        
                                                                        
                                                                                     
 <株式指数>                終値      前日比         %  前営業日終値  コード
 STOXX欧州600種    385.49       +1.02      +0.27        384.47          
 FTSEユーロファース   1508.79       +3.46      +0.23       1505.33          
 ト300種                                                             
 DJユーロSTOXX5   3441.19      +13.05      +0.38       3428.14             
 0種                                                                   
 FTSE100種         7689.57      +56.93      +0.75       7632.64          
 クセトラDAX           12783.7     +117.25      +0.93      12666.51        
                                6                                       
 CAC40種             5427.35      -10.71      -0.20       5438.06         
                                                                                     
 <金現物>                  午後              コード                                
 値決め                    1300.7              <GOLD/EU1                             
                                               >                        
                                                                                     
 <金利・債券>                                                                      
 米東部時間14時7分                                                                   
 *先物                    清算値      前日比   前営業日  コード                     
                                                    終盤                
 3カ月物ユーロ            100.31        0.00     100.31                        
 独連邦債2年物            112.20       -0.14     112.34                         
 独連邦債5年物            132.57       -0.42     132.99                         
 独連邦債10年物          162.02       -0.78     162.80                         
 独連邦債30年物          169.64       -1.40     171.04                         
 *現物利回り              現在値      前日比   前営業日  コード                     
                                                    終盤                
 独連邦債2年物            -0.663      +0.105     -0.768                <0#DE2YT=TWEB
                                                                        >
 独連邦債5年物            -0.262      +0.097     -0.359                <0#DE5YT=TWEB
                                                                        >
 独連邦債10年物           0.363      +0.083      0.280  <DE10YT=TWEB  <0#DE10YT=TWE
                                                          >             B>
 独連邦債30年物           1.074      +0.055      1.019  <DE30YT=TWEB  <0#DE30YT=TWE
                                                          >             B>
 
    

    <ロンドン株式市場> 反発。原油の値上がりに伴い石油銘柄が買われた。
    前日は、イタリア政局の混乱のほか、米中の貿易戦争に対する懸念から、世界的に株
価が下がった。
    アクセンド・マーケッツのアナリスト、Artjom Hatsaturjants氏は「FTSE100
種は回復基調にあり、前日の落ち込みから持ち直している。ドルがやや上昇したことや、
原油が1週間ぶりの安値から持ち直したことが相場を下支えした」と述べる。
    原油は供給の減少に伴い1バレル=76ドルに上昇した。ただ石油輸出国機構(OP
EC)などの主要産油国は今年下半期に産油高を増やすとみられている。
    石油大手のBPとロイヤル・ダッチ・シェルはともに2.6%上昇し
た。
    
    ロンドン株式市場:
    
    <欧州株式市場> 反発して取引を終えた。前日はイタリア政局の混乱が不安視され
世界的に株価が下がったが、この日はイタリア株が持ち直した。
    イタリア暫定首相に指名されたカルロ・コッタレッリ氏が暫定内閣の組閣で主要政党
の支持を取り付けられない中、早ければ7月にも再選挙が実施される可能性が浮上。投資
家らは新たな展開を考察しているもようだ。
    イタリアの主要株価FTSE・MIB指数は2.09%上昇。ただ週明けか
らは依然として約2.7%安となっている。今年の上昇幅は全て相殺された。
    前日に4.73%低下したイタリアの銀行株は2.58%上昇した。6
営業日ぶりの反発だった。
    一方、STOXXユーロ圏銀行株指数は0.12%低下。6営業日続落した
。イタリアの混乱によるユーロ圏のシステミックリスクで最も打撃を受ける銀行株に対す
る不安が払拭(ふっしょく)されていないことを示す。
    政治以外の材料では、フランスの通信・娯楽大手ビベンディが3.6%下落
。傘下にある欧州大手の有料民間テレビ局のキャナル+がサッカーの放映権のオークショ
ンで成果を得られなかったことが嫌気された。
    一方、製薬・化学大手バイエルは3.9%上昇。米種子・農薬大手モンサ
ント買収計画を米司法省が承認したことが好感された。種子・農薬分野で世界最
大の企業が誕生する見通しとなった。
    
    欧州株式市場:
    
    <ユーロ圏債券> イタリア国債利回りが数年ぶりの高水準から低下した。政権樹立
に向けた新たな取り組みや、順調な国債入札結果を受け、幾分安堵(あんど)感が戻った
。
    大衆迎合主義(ポピュリズム)政党「五つ星運動」と右派の「同盟」は、経済相候補
を差し替えて再び連立政権の樹立を目指すと、五つ星運動の関係者が明らかにした。
     五つ星運動は組閣作業を円滑に進めるために、経済相に推していたパオロ・サボー
ナ氏に指名を辞退するよう申し入れた。
    再選挙なら反既存勢力が勢いを増すとの懸念から、2年債利回りは前日、
一時150ベーシスポイント(bp)強急上昇していた。この日は45bp低下して1.
98%と、2%を再び割り込んだ。1週間前は0.2%にとどまっていた。
    5・10年債の入札結果も、資金調達能力を巡る懸念を和らげた。55億7000万
ユーロ(65億ドル)の債券を売却、目標発行レンジ(37億5000万─60億ユーロ
)の上限をわずかに下回った。
    10年債利回りは7bp下がって3.03%と、4年ぶり高水準(3.
38%)から低下した。
    ドイツ10年債との利回り差は前日、300bp強まで拡大する場面が
あったが、この日は269bpに縮小した。
    イタリアがユーロ圏を離脱する可能性を巡っては、懐疑的な声も聞かれた。バークレ
イズの投資ストラテジストは「イタリア政府が債務を返済できないと投資家が判断すれば
、誰も資金を貸そうとはしないだろう」と話した。
    イタリア債券市場が回復する中、高格付けの域内債券利回りは4─6bp上昇。ドイ
ツ10年債利回りは6bp上がって0.34%と、前日付けた1年超ぶり低水準(0.1
9%)を上回った。インフレ指標も利回り押し上げ圧力となった。
    5月のドイツの消費者物価指数(CPI)は欧州連合(EU)基準(HICP)で前
年比2.2%上昇と、前月の1.4%から伸びが加速した。アナリスト予想の1.8%を
上回ったほか、欧州中央銀行(ECB)のインフレ率目標(2%に近いがやや下回る水準
)を超えた。
    
    ユーロ圏金融・債券市場: 

    
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below