October 9, 2018 / 5:57 PM / 6 days ago

欧州市場サマリー(9日)

 (外為市場はNY外為市場リポートをご覧ください)
    [9日 ロイター] - 
 <為替>                  欧州終  アジア市場  コード                                
                               盤        終盤                           
 ユーロ/ドル           1.1481      1.1472                                        
 ドル/円                  113.12      113.30                                        
                                                                        
 ユーロ/円                129.85      130.00                                        
                                                                        
                                                                                     
 <株式指数>                終値      前日比         %  前営業日終値  コード
 STOXX欧州600種    372.93       +0.72      +0.19        372.21          
 FTSEユーロファース   1466.13       +4.53      +0.31       1461.60          
 ト300種                                                             
 DJユーロSTOXX5   3321.79      +12.07      +0.36       3309.72             
 0種                                                                   
 FTSE100種         7237.59       +4.26      +0.06       7233.33          
 クセトラDAX           11977.2      +30.06      +0.25      11947.16          
                                2                                       
 CAC40種             5318.55      +18.30      +0.35       5300.25         
                                                                                     
 <金現物>                  午後              コード                                
 値決め                   1186.95              <GOLD/EU1                             
                                               >                        
                                                                                     
 <金利・債券>                                                                      
 米東部時間13時40分                                                                  
 *先物                    清算値      前日比   前営業日  コード                     
                                                    終盤                
 3カ月物ユーロ            100.32        0.00     100.32                        
 独連邦債2年物            111.79       -0.01     111.80                         
 独連邦債5年物            130.57       +0.05     130.52                         
 独連邦債10年物          158.09       +0.14     157.95                         
 独連邦債30年物          171.88       +0.48     171.40                         
 *現物利回り              現在値      前日比   前営業日  コード                     
                                                    終盤                
 独連邦債2年物            -0.557      +0.006     -0.563                <0#DE2YT=TWEB
                                                                        >
 独連邦債5年物            -0.052      -0.001     -0.051                <0#DE5YT=TWEB
                                                                        >
 独連邦債10年物           0.546      +0.001      0.545  <DE10YT=TWEB  <0#DE10YT=TWE
                                                          >             B>
 独連邦債30年物           1.164      -0.005      1.169  <DE30YT=TWEB  <0#DE30YT=TWE
                                                          >             B>
        

    <ロンドン株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた。前日終値はイタリア予算や英国
の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る警戒感から4月以来の低水準となったが
、この日はエネルギーと鉱業銘柄が相場を下支えした。
    ブックメーカー(賭け業者)のパディパワー・ベットフェアが5.0%安と
なった。アイルランド政府が賭け事に課す税率を2%に倍増する計画を発表したことが売
り材料となった。2019年1月から適用するという。パディパワーは、新政策が今年導
入された場合、納税額が2000万ポンド増えていたとの試算を出したことも、さらなる
売り材料となった。
    会計ソフトのセージ・グループは1.5%安だった。バークレイズが投資判
断を「アンダーウェート」へ引き下げたことが嫌気された。バークレイズのアナリストら
は「セージはクラウドへの移行を加速しなければならない。費用がかかるだろう。新しく
就任する最高経営責任者(CEO)は成長と利益率見通しを修正するだろう」とした。
    一方、原油高に伴い石油大手は買われた。米国の対イラン制裁を控え、イラン産原油
の輸出が減ったほか、ハリケーン「マイケル」の接近に伴い、米メキシコ湾岸の石油生産
の一部が停止したことで原油が値を上げた。
    金属も供給減少に伴い値を上げ、鉱業銘柄を押し上げた。
    中型株ではベーカリーチェーンのグレッグスGRG.Lが4.6%上昇した。一時は8%
高となる局面もあった。第3・四半期の既存店売上高が増加したことが好感された。
    
    ロンドン株式市場:
    
    <欧州株式市場> 反発して取引を終えた。前日はイタリアの予算が懸念され株価が
約半年ぶりの安値に低迷したものの、この日はエネルギー株が買われた。
    STOXX欧州600種石油・ガス株指数は1.53%上昇し、セクター別
で最も好調だった。イラン産原油の輸出が減ったことで原油価格が上がった。
    イタリアの銀行株指数は1.30%上昇。イタリアのトリア経済・財務
相が議会で、2019年予算について、欧州連合(EU)と建設的な協議を行いたいとの
認識を示したことで買い安心感が広がった。
    こうした中、国際通貨基金(IMF)は、2018年と2019年の世界全体の経済
成長率見通しを引き下げた。貿易摩擦や輸入関税による悪影響を理由に挙げた。
    
    欧州株式市場:
    
    <ユーロ圏債券> イタリアのトリア経済・財務相が市場の混乱が金融危機に転じた
場合、落ち着きを取り戻すために必要なあらゆる方策を講じる方針を表明したことを受け
、同国の国債利回りが低下した。    
    トリア氏は議会委員会で、欧州連合(EU)と2019年予算案について建設的な協
議を行いたいとの姿勢を表明。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が12年に通貨ユー
ロを救うためにあらゆる措置を講じる方針を表明したことに言及し、「ドラギ氏のように
金融危機時には政府は必要なことを実行する」と述べた。
    イタリア国債利回りは最大11ベーシスポイント(bp)低下。終盤の取引で30年
債利回りは3.96%となっている。同利回りは14年8月以来初めて4%
台に乗せていた。    
    キャピタル・エコノミクス(ロンドン)のシニア欧州エコノミスト、ジャック・アレ
ン氏は「ディマイオ副首相とサルビーニ副首相が市場の圧力には屈しないと発言したもの
の、トリア氏の発言でイタリア政府はある時点でそうなる可能性があることが示された」
とし、「このため、市場はある程度の落ち着きを取り戻している」と述べた。ただ「経済
成長が期待外れとなり、財政赤字が拡大するにつれ、イタリア国債利回りは再び上昇する
」との見方も示した。
    イタリア5年債は2.89%。同利回りは3.13%と、約5年ぶりの水
準に上昇していた。イタリア10年債利回りは3.52%で取引を終了。一
時は3.71%と、4年半ぶりの水準に上昇していた。
    独10年債とイタリア10年債との利回り格差は一時312bp近辺と、5年ぶりの
水準に拡大。その後は297bpに戻している。
    ただミラノに拠点を置く金利ストラテジストは「不安定性と先行き不透明性は払拭さ
れない」と指摘。「イタリア政権、EU機関、金融市場との間で権力闘争のようなものが
起きており、こうした対立は解消からは程遠い状態となっている」と述べた。   
    スペインとポルトガルの国債利回りは上昇。スペイン10年債利回りは
5月、ポルトガル10年債利回りは6月以来の高水準を付けた。ただ大幅に
売られるような事態にはなっておらず、イタリアによる波及的な影響はそれほど大きくな
いと考えられている。   
    独10年債利回りは0.55%、仏10年債利回りは0.9
0%と、それぞれ1─2bp上昇した。
    
    ユーロ圏金融・債券市場: 

    
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below