September 18, 2019 / 6:12 PM / a month ago

欧州株式市場=ほぼ横ばい、ディフェンシブ株買われる 高級品は下落

    [18日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    389.41    +0.08  +0.02    389.33          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1529.66    +0.45  +0.03   1529.21          
 スト300種                                              
 ユーロSTOXX50   3528.04    +6.78  +0.19   3521.26  <.STOXX50
 種                                                        E>
 
        
    欧州株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。不動産や公益事業といったディフェンシ
ブ株が買われた一方で、高級品銘柄が売られた。米金融政策決定への警戒感も強かった。
    米連邦準備理事会(FRB)が利下げを決めるとみられるが、投資家はフォワードガ
イダンスに注目している。米経済指標が改善しており、FRB内の見解が分かれているた
めだ。キャピタル・エコノミクスの市場エコノミスト、シモーナ・ガンバリーニ氏は「今
日利下げし、12月にもう1回利下げして打ち止めだと考えている」と話した。
    ディフェンシブ株のSTOXX欧州600種不動産株指数と公益事業株指数
がそれぞれ1.07%、0.86%上昇した。
    米アップルの新型iPhoneの予約が好調と伝わり、部品を供給するオー
ストリアに拠点を置く半導体メーカーのAMSや欧州の半導体大手STマイクロ
エレクトロニクス、ドイツの半導体大手インフィニオン・テクノロジーズ<IFXGn
.DE>が上昇した。
    一方、UBSが高級品セクターの投資判断を「オーバーウエート」から「ニュートラ
ル」に引き下げたことで、高級ブランド銘柄が値下がりした。スイスの高級ブランド、リ
シュモンは6.2%下落。経営トップが香港の抗議デモが事業に響くと述べたイ
タリアのモンクレールは7.0%下がった。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below