April 5, 2017 / 7:18 PM / 9 months ago

欧州株式市場=ほぼ横ばい、一次産品買われるも自動車株に売り

    [ロンドン/ミラノ 5日 ロイター] - 
 <株式指数>                        終値    前日比       %  前営業日終値  コード
 STOXX欧州600種            380.09     +0.06    +0.02        380.03          
 FTSEユーロファースト3       1497.61     -0.16    -0.01       1497.77          
 00種                                                                     
 DJユーロSTOXX50種       3472.58     -9.08    -0.26       3481.66             
        
    欧州株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。一次産品関連が買われたもの、自動車株が値を下
げた。ただ、投資家らは堅調な経済指標の発表を受けて、欧州株に関して前向きな見方を維持して
いる。
    ユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)が好調な内容となったほか、それぞれの国の指標
も改善し、欧州の広範な経済成長を示した。
    JPモルガン・アセット・マネジメントの世界市場ストラジスト、マイク・ベル氏は「投資家
は経済の基礎的諸条件(ファンダメンタルズ)が改善していることを完全に織り込んでいない」と
述べ、政治的な懸念を考えれば理解できるとして、フランスの大統領選を巡るリスクを挙げた。そ
の上で「ほかがまだおびえている今こそ、欧州株を買う好機だと思う」とした。
    シティグループは欧州株の投資判断を「オーバーウェート」に引き上げた。STOXX欧州6
00種が年末までにさらに8%上昇するとの見通しを示している。
    スイス農業大手シンジェンタは0.9%高。欧州連合(EU)当局が中国化工集団(
ケムチャイナ)によるシンジェンタ買収を条件付きで承認したことが好感された。
    一方、自動車・部品株指数は1.00%下落し、約8週間ぶりの安値で引けた。2日連
続で最も軟調な部門となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below