Reuters logo
欧州株式市場=ほぼ横ばい、好決算発表が相場下支え
2017年2月22日 / 20:54 / 9ヶ月後

欧州株式市場=ほぼ横ばい、好決算発表が相場下支え

    [ロンドン 22日 ロイター] - 
 <株式指数>                     終値     前日比        %   前営業日終値  コード
 STOXX欧州600種         373.38      -0.02     -0.01         373.40          
 FTSEユーロファースト30  1472.79      +0.92     +0.06        1471.87          
 0種                                                                       
 DJユーロSTOXX50種    3339.27      -0.06      0.00        3339.33             
        
    欧州株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。決算が好感された英金融大手ロイズ・バ
ンキング・グループやスペインの通信大手テレフォニカ傘下のテレフォニカ・ド
イチュラント、フランスの再保険大手スコールが買われ相場を下支え
した。
    STOXX欧州600種は約14カ月ぶりの高値を維持した。ドイツのクセ
トラDAX指数は2015年4月以来の高値をつけた後、0.26%の上昇で取
引を終えた。
    ロイズ・バンキング・グループは4.4%高。通期利益が10年ぶりの高水準となっ
たことが買い材料となった。
    テレフォニカ・ドイチュラントは2.2%の値上がり。第4・四半期のコア利益が市
場予想を上回った。オランダの通信大手KPNから買収したイープラス(E-Plus)
が生み出す相乗効果について目標を引き上げたことも好感された。
    スコールは3.2%高。配当を増やしたほか、保険料の5.4%の値上げを背景に、
自社株買いを実施するとの発表が買い材料視された。
    ドイツの工業大手ティッセンクルップは4.6%高。ブラジルの製鉄事業
を南米の鉄鋼大手テルニウムに売却したとの発表が好感された。ティッセンクルッ
プはここ5年間、ブラジルでの事業から撤退しようとしていた。
    スウェーデンの通信機器大手エリクソンは前日に続き買われ、3.3%値
上がりした。米シスコシステムズがエリクソンを買収するとの観測が広がった。
海通証券が投資判断を「買い」とし、今後2年間に見込まれる好材料をもとに同社の株価
が2倍になるとの見方を示したことも追い風となった。
    こうした中、イタリアの主要株価FTSE・MIB指数は0.83%下落し
た。イタリアの資産運用大手バンカ・メディオラヌムが3.2%安となったこ
とが重しとなった。2018年の成功報酬が減少する可能性を指摘して、ケプラー・シュ
ブルーが目標株価を引き下げたことが嫌気された。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below