July 24, 2019 / 6:22 PM / 2 months ago

欧州株式市場=ほぼ横ばい、資源株売られる一方半導体や自動車株上昇

    [24日 ロイター] - 
 <株式指数>                     終値     前日比      %   前営業日終  コード
                                                                    値  
 STOXX欧州600種         391.73      +0.19   +0.05       391.54          
 FTSEユーロファースト3    1539.83      -0.48   -0.03      1540.31          
 00種                                                                 
 DJユーロSTOXX50種    3532.90      +0.03    0.00      3532.87             
 
欧州株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。資源株が売られる一方、半
導体や自動車銘柄は上昇した。
    米中通商協議への前向きな見方から、通商政策に左右されやすい自
動車やテクノロジー株が値を上げた。
    半導体大手のインフィニオン・テクノロジーズとシルト
ロニック、ASMインターナショナルは2.3%
から6.5%上昇した。
    ドイツの自動車大手ダイムラーは2.4%高だった。四
半期決算で損失を出したが、経費削減対策を一段と進めるとしたことが
買い材料となった。
    IHSマークイットが発表した7月のユーロ圏総合購買担当者景気
指数(PMI)は市場予想を下回った。先行きを示す将来生産指数も低
下し、今後PMIがさらに悪化することを示唆した。統計を受けユーロ
圏の国債利回りが低下。欧州中央銀行(ECB)が緩和策の導入を示唆
するか、実際に実施するとの見方が広がり、STOXX欧州600種銀
行株指数は0.72%低下した。
    鉄鉱石の値下がりに伴い資源株指数は1.28%低下した
。リベラムが鉱業株の投資判断を引き下げたことも売り材料だった。英
豪系資源大手リオ・ティントは4.6%落ち込んだ。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below