June 6, 2018 / 6:21 PM / 19 days ago

欧州株式市場=まちまち、国債利回り上昇で

    [ロンドン 6日 ロイター] - 
 <株式指数>                    終値   前日     %  前営業日終  コード
                                          比                 値  
 STOXX欧州600種        386.88  -0.01   0.00      386.89          
 FTSEユーロファースト3   1512.07  -0.57  -0.04     1512.64          
 00種                                                          
 DJユーロSTOXX50種   3460.82  +4.03  +0.12     3456.79             
        
    欧州株式市場はまちまちで取引を終えた。欧州中央銀行(ECB)のプラート専務理
事のタカ派的な発言で国債利回りが上昇したほか、ユーロが値を上げ、株式相場の重しと
なった。一方、資源株は買われた。
    プラート氏は、底堅い成長を背景に物価が目標に向けて上昇していくことへの自信を
深めていると発言。翌週の理事会後、量的緩和策終了についてより多くの情報が明らかに
なる可能性が意識された。こうしたことを背景に国債利回りが上昇。配当が魅力の株式が
投資対象として見劣りし、株価の重しとなった。ユーロは10日ぶりの高値をつけ、ドル
で多くの収益を上げる銘柄の売り材料となった。たばこのインペリアル・ブランズ<IMB.L
>と日用品大手ユニリーバ、化粧品大手ロレアルは1.9%から2.5
%下落し、値下がりが目立った。
    一方、STOXX欧州600種銀行株指数は0.71%上昇。銀行は利回り
上昇の恩恵を受ける傾向がある。イタリアの銀行は引き続き、同国で政権が成立したこと
による安心感から値を上げた。
    資源株指数は1.94%上昇。銅の値上がりが好感された。最近値上がり傾
向にあるテクノロジー株指数はこの日も上昇し、0.23%高となった。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below