November 8, 2018 / 7:10 PM / 7 days ago

欧州株式市場=まちまち、米中間選挙後の買い一服

    [ロンドン 8日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 STOXX欧州600    367.08    +0.69  +0.19     366.39          
 種                                                         
 FTSEユーロファー   1441.68    +1.77  +0.12    1439.91          
 スト300種                                               
 DJユーロSTOXX   3237.60    -8.56  -0.26    3246.16  <.STOXX50E
 50種                                                     >
    
    欧州株式市場はまちまちで取引を終えた。米中間選挙後にみられた世界的な株式相場
の上昇傾向はなくなったものの、決算が好感された銘柄が相場を下支えした。
    イタリアの銀行バンコBPMは3.0%上昇した。第3・四半期の純利益
が市場予想を上回った。手数料が上がらなかったことや金利収入が減ったことが重しとな
った一方で、経費削減と資産売却が利益を押し上げた。
    ドイツのコメルツ銀行とフランスのソシエテ・ジェネラル(ソジェン)<SO
GN.PA>も好決算が材料となり、5.4%と2.1%それぞれ上昇した。STOXX欧州6
00種銀行株指数は0.80%上昇した。
    世界2位のケータリング会社、フランスのソデクソは5.6%上昇し、3
月以来の高値をつけた。通期収益が市場予想を上回ったことが好感された。
    ドイツの総合電機大手シーメンスは0.8%高と、小幅に上昇した。20
19年は売り上げが「緩やかに」伸びるとの見通しが材料視された。
    一方、ドイツの民放大手プロジーベンSAT1メディアは14.0%急落
し、6年超ぶりの安値に落ち込んだ。通期の業績見通しの引き下げと減配が嫌気された。
    同業のRTLグループは7.5%下落した。利益が予想に届かなかったこ
とが売り材料だった。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below