May 22, 2019 / 5:08 PM / a month ago

欧州株式市場=まちまち、英EU離脱巡る不透明感と米中摩擦が重し

    [22日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    379.19    -0.31  -0.08    379.50          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1492.24    -1.08  -0.07   1493.32          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3386.72    +0.21  +0.01   3386.51  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
        
    欧州株式市場はまちまちで取引を終えた。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る先行き
不透明感と米中貿易摩擦への不安が相場の重しとなる一方で、ドイツと英国株は小幅に伸
びた。
    トランプ米政権が中国の監視カメラ大手、杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)
への禁輸措置を検討しているとの報道を受け、米中貿易摩擦への懸念が高ま
った。
    メイ英首相が提示した離脱協定の修正案を与党・保守党の一部議員が批判し、メイ氏
に対する辞任の圧力が高まった。比較的安全な資産とされるユーロ圏債への逃避買いが入
る中、英国のEU離脱動向に左右されやすい銘柄や銀行株が値を下げた。STOXX欧州
600種銀行株指数は1.18%低下し、4カ月超ぶりの安値。
    小売り大手マークス・アンド・スペンサー(M&S)は9.4%安。通期利
益が3年連続でマイナスとなったことが嫌気された。
    一方、FTSE100種総合株価指数は0.07%上昇した。終盤にかけて
英国のEU離脱動向に左右されやすい銘柄が売られたものの、序盤はポンド安に伴い輸出
銘柄が買われ、相場を下支えした。
    ドイツのクセトラDAX指数は0.21%上昇した。個別銘柄では、決済サ
ービスのワイヤーカードが5.9%上昇。身分証明書の計画でインドと戦略的
提携契約を結んだことが好感された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below