Reuters logo
欧州株式市場=まちまち、金融株買われる一方スタインホフに売り
2017年12月7日 / 18:46 / 5日前

欧州株式市場=まちまち、金融株買われる一方スタインホフに売り

    [ロンドン 7日 ロイター] - 
 <株式指数>                    終値  前日比     %  前営業日終  コード
                                                              値  
 STOXX欧州600種        386.41   +0.09  +0.02      386.32          
 FTSEユーロファースト3   1520.12   -0.13  -0.01     1520.25          
 00種                                                           
 DJユーロSTOXX50種   3573.13  +11.56  +0.32     3561.57             
        
    欧州株式市場はまちまちで取引を終えた。ユーロ圏の株価が上がる一方で英国株が落
ち込み、広範な欧州を網羅するSTOXX欧州600種指数が伸びなかった。
    投資家がリスク志向を取り戻す中で金融株が買われた。銀行銘柄が多いイタリアの主
要株価FTSE・MIB指数とスペインのIBEX指数は0.68%と
0.77%上昇した。
    STOXXユーロ圏銀行株指数は1.34%上昇。前日はリスク回避志向か
ら落ち込んでいたが、この日は持ち直した。投資家らは、特に域内の周辺国において、銀
行部門への自信を取り戻している。スペインの銀行大手サンタンデールとイタリ
アのインテサ・サンパオロ、同ウニクレディト、オランダのING<IN
GA.AS>は0.5%から2.0%上昇した。
    風力タービンメーカーでドイツのシーメンス・ガメサとデンマークのベス
タスは7.0%と5.1%上昇した。シティが投資家向けのメモで、2030年
までの世界の追加発電量は半分が再生可能エネルギーとなるとの見通しを示したことが材
料視された。シティは両社の投資判断をともに「買い」とした。
    一方、家具製造・販売大手スタインホフは前日に続き売り物が集中し、4
6.2%急落した。前日に、不正会計があったことを明らかにしたほか最高経営責任者(
CEO)の退任を発表した。ここ2営業日の値下がり幅は累計で80%。120億ドルの
時価総額が吹き飛んだ。

    
 (い)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below