January 14, 2020 / 6:57 PM / 7 days ago

欧州株式市場=まちまち、高級ブランド株買われる一方石油株値下がり

    [14日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    419.59    +1.20  +0.29    418.39          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1639.51    +3.86  +0.24   1635.65          
 スト300種                                              
 ユーロSTOXX50   3774.88    -4.80  -0.13   3779.68  <.STOXX50
 種                                                        E>
 
        
    欧州株式市場はまちまちで取引を終えた。高級ブランド銘柄や住宅建設のテイラー・
ウィンペイが上昇する一方、石油株は値を下げた。
    投資家は翌日に予定されている「第1段階」の米中通商合意の署名に注目している。
18カ月間にわたり市場を惑わしてきた米中貿易摩擦の終結に向けた第一歩となる。
    OANDAのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は「合意内容の詳細を待っている。
詳細を見て、持続可能性や効果を見極める。市場は待っている段階だ」と述べた。
    TSロンバードの戦略責任者アンドレア・チッチョーネ氏は、第2段階の交渉を巡る
時期や、見込まれる合意内容などについて何らかのヒントがあれば、それが最も重要な注
目点だと語った。
    UBSが高級ブランド部門について、消費者信頼感が過去最高水準にあり、合併・買
収(M&A)観測が続く中、2020年も忙しくなるとの見方を示したことで同部門が値
上がりした。フランスの高級ブランドLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)<LVM
H.PA>は1.0%上昇し過去最高値を付けた。
    テイラー・ウィンペイは3.9%高だった。19年の受注が22%増えたほか、20
年について前向きな見通しを示したことが好感された。
    一方、STOXX欧州600種石油・ガス株指数は0.37%下落した。投
資判断の引き下げが嫌気された石油開発大手タロー・オイルは5.0%安だった
。英石油大手BPは0.2%下落。ベレンバーグが増配は20年下半期まで待つ必
要があるだろうという見方を示したことが売り材料だった。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below