January 8, 2019 / 6:25 PM / 11 days ago

欧州株式市場=上昇、米中通商協議への期待で

    [ミラノ 8日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    345.85    +2.97  +0.87    342.88          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1361.85   +10.97  +0.81   1350.88          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3054.94   +21.30  +0.70   3033.64  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
        
    欧州株式市場は上昇して取引を終えた。米中通商協議で打開策が見出されるとの期待
からSTOXX欧州600種指数は3週間超ぶりの高値を付けた。
    輸出銘柄が多いドイツのクセトラDAX指数は0.52%上昇した。
    ミラボー・セキュリティーズのニール・キャンプリング氏は「投資家は米中の関税協
議に期待を抱いている。次官級による通商協議に劉鶴副首相が予想外に出席した」と述べ
た。「中国が協議を重要視している兆しだと市場は捉えた」とした。
    米代表団によると、協議は予定を延ばして9日も続くことになった。
    小売株指数は2.06%上昇した。バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ
による投資判断の引き上げが好感されたフランスの食品小売大手カルフールが
2.7%上昇し、部門全体を押し上げた。メリルリンチは、フランスの規制変更やブラジ
ル経済の改善を背景に2019年はカルフールにとって変化の年となるかもしれないと述
べた。フランスのデモによってカルフール株は過度に売り込まれたと語った。
    テクノロジー株指数は1.20%上昇した。同部門は前週、米アップルが1
2年近くぶりに売り上げ予想を引き下げたことで打撃を受けていた。この日は サムスン
電子が発表した第4・四半期利益が市場予想を下回ったものの、部門への影
響はあまりなかった。キャンプリング氏は「前週見られたアップルによる欧州のテクノロ
ジー株の売り込みはアジアや米国の銘柄よりもひどかったため、当面は欧州のテクノロジ
ー銘柄に悪材料が織り込み済みだと市場はみている」とした。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below