February 7, 2019 / 6:48 PM / 11 days ago

欧州株式市場=下落、軟調な決算を嫌気

    [ロンドン 7日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    360.08    -5.44  -1.49    365.52          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1417.51   -20.33  -1.41   1437.84          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3150.76   -61.99  -1.93   3212.75  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
    欧州株式市場は下落して取引を終えた。軟調な決算が嫌気されたほか、欧州連合(E
U)欧州委員会がユーロ圏の2019年の成長見通しを引き下げたことで市場心理が悪化
した。
    そのほか、ドイツの18年12月鉱工業生産指数が期待外れの内容となり、欧州最大
の経済国への懸念が改めて浮上した。
    CMCマーケッツのデービッド・マデン氏は「ユーロ圏経済が低迷するかもしれない
との懸念から域内の株式が売られた」とした。英国が合意なしに離脱した場合、景気悪化
にこれ以上ひどい時期はないと付け加えた。
    フランスの広告大手ピュブリシスは14.8%下落した。売り上げが市場
予想を下回ったことが嫌気された。
    ドイツの旅行大手TUIは19.1%急落。利益が市場予想に届かなかっ
た。TUIは18年夏の猛暑とポンド安が影響したと指摘した。
    機械・プラント大手GEAグループは17.8%安だった。中期目標を引
き下げたほか、19年の利益が減るとの見通しを示したことが売り材料だった。
    STOXX欧州600種自動車・部品株指数は4.88%低下した。欧米自
動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が発表した
利益見通しは市場予想を下回ったほか、フリーキャッシュフローの見通しも軟調な内容だ
った。同社の長期目標達成について疑念が沸き、FCAは12.2%急落した。同業他社
も連れ安となり、ドイツの自動車大手ダイムラーとフランスの自動車部品大手
フォルシア、同ヴァレオは5.3%から7.2%値を下げた。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below