July 25, 2019 / 6:09 PM / in a month

欧州株式市場=下落、ECB総裁の発言を嫌気

    [25日 ロイター] - 
 <株式指数>               終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                       終値  
 STOXX欧州600種   389.52    -2.21  -0.56     391.73          
 FTSEユーロファース  1531.54    -8.29  -0.54    1539.83          
 ト300種                                                  
 DJユーロSTOXX5  3510.15   -22.75  -0.64    3532.90  <.STOXX50E
 0種                                                        >
 
    欧州株式市場は下落して取引を終えた。欧州中央銀行(ECB)の
ドラギ総裁の発言が、緩和策を期待していた投資家にとって期待外れの
内容だった。
    ECBは政策決定会合後の声明で、金利が2020年半ばまで現在
の水準もしくはより低い水準となるとの見通しを示した。また、その他
の緩和対策も検討しているとした。これを受け欧州株は当初、1年超ぶ
りの高値をつけた。その後ドラギECB総裁は、ユーロ圏が景気後退入
りするリスクは低いとしたほか、利下げは協議しなかったと発言。「行
動を起こす」前により多くの指標を待つと述べた。ドラギ総裁の発言を
受け株価は下げに転じた。
    ラボバンクのストラテジスト、バー・バン・ゲッフェン氏は「総裁
は、声明で言及した内容は選択肢であり、必ずしも実施するわけではな
いことを明確にした。市場の期待を幾分くじいた」と語った。
    ドイツのクセトラDAX指数は1.28%低下した。ドイ
ツの7月の業況指数が低下したことで、苦戦する製造業がドイツ経済の
重しとなっているとの不安が広がった。決算が嫌気され5.6%安とな
ったドイツの自動車部品メーカー、ヘラーも相場を押し下げた
。米フォード・モーターや日産自動車も軟調な決算を発
表したことで自動車産業が不安視され、STOXX欧州600種自動車
・部品株指数は1.75%低下した。
    一方、英製薬のアストラゼネカは7.7%高だった。19
年の売り上げ見通しを引き上げたことが好感された。
    ビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABイン
ベブ)は4.3%上昇した。ビールの売り上げが5年ぶり大幅
な伸びとなったことが買い材料だった。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below